札幌の部分日食 2012年5月21日

東京など、本州では金環日食が観測されたこの日、
北海道札幌市では部分日食となりました。
この日に日食があることは、小学生の頃から図鑑で読んでいて知っていました。
それから約25年ちょい、とうとうその日がやってきました。

こちら札幌では午前6時30分頃から欠け始める。

欠け始め

こちらは家のベランダから撮影しました。
この後、近所の公園まで移動して本格的な観測と撮影を開始しました。

午前7時頃

これは午前7時頃の写真です。
右上のほうから少しずつ欠け方が大きくなってきました。
その10分後は以下の写真。

午前7時10分頃

着実に日食が進んできています。
以下はさらにその10分後。

7時20分頃

もう半分くらいは欠けていますね。
次は7時27分頃の写真。

7時27分頃

もう三日月に近い形まで欠けています。
この頃になると、周りの景色が暗くなっているのがはっきりとわかりました。

景色1

さらにその10分後。

7時37分頃

だいぶ三日月に近い形まで欠けました。

景色2

周りの景色はさらに暗くなり、まるで夕方のようでした。
そして、食の最大の約3分前の写真が以下です。
完全に三日月形のような形になりました。
向きが変わり始めたのもこの頃です。

食の最大3分前

食の最大2分前。

食の最大2分前

食の最大1分前。

食の最大1分前

そして、以下の写真は7時49分頃の食の最大です。

食の最大

本州で観測された金環日食のようにはいきませんでしたが、三日月形に輝く神秘的な太陽の姿です。

ここからは、食の最大を過ぎた太陽が徐々に戻っていく姿を連続で紹介します。

7時54分頃

午前8時前

8時2分頃

8時10分頃

8時15分頃

8時17分頃

8時27分頃

この頃になると、周りもだいぶ明るさを取り戻してきました。

景色3

8時30分頃

8時40分頃

8時45分頃

8時55分頃

9時20分頃、日食が終了しました。
こちら北海道札幌市では、快晴のコンディションの中素晴らしい部分日食が見られたので良かったです。
次の金環日食は僕の地元である北海道で2030年頃見られるとのことです。