夢を見た、南海トラフの…

起きる前にさっき見ていた夢の内容を覚えているのでメモしておきます。
ただし僕は良く当たる預言者や、体感系の人間ではないので聞き流して頂いても構いません。

2016年12月6日朝起きる直前まで見ていた夢の内容で覚えている部分ですが、
何気なくテレビを観ていたような状況で、交通情報のテロップか何かが出たような感じだったが、
次に表示されていたのが「北海道地方でやや強い地震」の文字と道東にオレンジ色の震度4のマーク。
自分は「地震あったんだ、気付かんかったな」的なことを言っていたようだったが
その後の画面で震源地が淡路島付近だったかな? 震源の深さが584km、
規模がマグニチュード7.5とありえない情報が出ていた。
この584という数字だけは、やけに覚えている。
まずこの部分ですが、似たような地震が過去にあったので知識として入っていたので
このような夢を見たのかなと、その地震は2007年7月16日に京都府沖で起きた深発地震で
北海道が最大震度だったやつですね。
しかしここまでの話はまだ前座であり、ここからが本編的な部分ですかね。
僕が↑の地震の情報をもう一回詳しく見ようとして、録画を見返そうとしてその部分を再生したら
さきほどとは違う部分が少しあった、なぜかツリ目のアナウンサー(そんなアナNHKにいたっけな)が
「北海道地方でやや強い地震」と読み上げていた。さっきはテロップだけだったと思ったが(笑)
まあ夢ですから、リピートするはずの部分が二転三転内容が入れ換わることはありがちですけどね。
その録画を停止して再び放送画面に戻ったら、いきなり青逆U字画面上部に「大津波警報」の文字が出ていた。
そして、日本の太平洋側が全部赤線表示になっていたのを覚えている。
ちなみに、ピロピロ音は記憶にない。あと、緊急地震速報の音も記憶にない。
録画を再生し終わるまでは1分もなかったので、そんな短い時間でそこまでいかないはずなんだよね。
まあ夢だから、その辺が不自然になるのはよくあることなんだろうと思うけど。
次の部分はこれまたよく覚えてる部分ですが、「10m以上」とアナウンサーが読み上げていたのと、
自分が「南海トラフとうとう来たー」と言っていた部分、そしてなぜか、
住んでいる家が今の家ではなく、20年ほど前に学生時代を過ごしたアパートの部屋だったことです。

と、昔住んでいたアパートの部屋だったことを認識したところで目が覚めたんですが、
何だったんだろうなこの夢は…
まあ僕は預言者でもなく、体感系で地震を予知している人でもないので、
こういう夢を見た人がいた程度で流していただいて構いません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です